圧倒的ナチュラルさ。少ないダメージでの縮毛矯正

今日はALの縮毛矯正について!
艶、柔らかさ、ナチュラルさ。時間が経過してからのダメージ。是非1度ご体感ください。

ブログ画像

モデルさんの髪質はアルカリという薬剤に弱い髪質なのでプレアイロンと言って最初にアイロンをして真っ直ぐな状態を作ってから弱めなお薬で施術して行く方法でやりました。
薬剤の放置時間も13分です。20分近くおかれる所が多いかと思います。

シャンプーが終わった状態がこちら。

ブログ画像

まだ癖が残ってますね。薬が強いとこの時点で真っ直ぐです。
そこにアイロンが入る事で真っ直ぐになり過ぎてしまうんですよね。そうするとピンピンな硬い真っ直ぐ過ぎる縮毛矯正の完成ですwこれをしてしまうと1ヶ月、2ヶ月後に結構なダメージが出てきます。『髪質に合った薬剤選定』これが大事です。

こんなに癖が残っていて大丈夫なの?と思うかも知れませんがここからは薬剤に頼らず技術で伸ばします!薄く薄くパネルを取ってアイロンもギュッとプレスせずにしていきます。
この位細かく取っていきます。

ブログ画像

仕上がりはこちら!

ブログ画像

自然な柔らかさ。艶感が出てますね!
こういう仕上がに出来ると1ヶ月、2ヶ月先の手触りも良い感じです。髪に体力があるのでパーマをかけたりも出来ます。

『髪質を見極めて適した薬剤を使う』
『細かい技術をキッチリする』

とてもシンプルな事ですが難しい事です。それをしっかりと実践してお客様に素敵に出来るようにしています。

今週はご予約にゆとりがあります。

ご来店お待ちしております!

【コロナウイルス対策実施中】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です